13
絹本著色松井与八郎像(けんぽんちゃくしょくまついよはちろう)
久美浜の良さをみんなで活用しよう!


野遺産
久美浜町の文化財を熊野遺産として久美浜百珍としました!




ホームへ
住所:久美浜町湊宮(宝泉寺)
1幅文禄3年(1594)
松井与八郎は久美浜松倉城主松井佐渡守康之の長男である。与八郎は文禄元年(1592)豊臣秀吉の朝鮮出兵に、父康之と共に参加した。しかし戦場で病に倒れ、帰国後間もなく文禄2年(1593)8月15日に没した。18才であった。

康之は大いに悲しみ、供養のための画像を作らせたのである。画像の完成は、翌文禄3年(1594)8月彼の一周忌供養の日であった。

この時代の肖像画としては、一級の作品であり、顔立ち容姿のみならず、その着衣服の紋様も、緑地に花文散の着物と紫地に白の松条文を散らした柞(かみしも)という、当時の特別な染色形式を正確に伝えており、近年海外の博物館の展示にも要請出展され、今に多くの賛辞を集めている。尚、贊並に序は、玄圃霊三和尚の筆であり、朝鮮出兵当時の状態を詳しく記し、好史料となっている。
縦90.0p横37.0p



絹本著色松井与八郎像 正門(宝泉寺) 薬師如来像
14
熊野十二社権現懸仏(くまのじゅうにしゃごんげんかけぼとけ)
久美浜の良さをみんなで活用しよう!


野遺産
久美浜町の文化財を熊野遺産として久美浜百珍としました!




ームへ
住所:久美浜町円頓寺(円頓寺)
2面 鎌倉時代
鎌倉時代の作と見られ、現在2面がある。青銅製の鏡板に、13体の仏、菩薩・明王・天部などを配した、極めて珍らしいものである。

2面共に、熊野十三権現の本地仏を表わしたもので、一万・十万宮の本地仏文珠・普賢を独立させて十三尊としたものである。
裏山「山の神」山頂から経筒と共に出土したが、発掘年代は不詳。
熊野十二社権現懸仏 円頓寺案内板

トップ認定旅館民宿遊び体験自然野菜特産品紙芝居
店舗
最新情報|熊野を歩く|問い合わせ