15
円頓寺惣門再興勧進状(えんどんじそうもんさいこうかんじんじょう)
久美浜の良さをみんなで活用しよう!


野遺産
久美浜町の文化財を熊野遺産として久美浜百珍としました!




ホームへ
住所:久美浜町円頓寺(円頓寺)
1巻文亀元年(1501)
「文亀辛酉秋八月初吉勧進沙門」とあり、文亀元年(1501)当寺惣門の再建を期しての勧進状である。

磨子親王説話に基づく寺の縁起、再興の趣旨を語り、四方に奉加を求めている。
奉加物に藤布とあるのが丹後らしい。


天地に金銀切箔を散らし、真鍮界を引いた料紙に、当代一流の文化人三条西実隆が清書している。



円頓寺惣門再興勧進状
16
銅経筒(どうきょうづつ)
久美浜の良さをみんなで活用しよう!


野遺産
久美浜町の文化財を熊野遺産として久美浜百珍としました!




ホームへ
住所:久美浜町円頓寺(円頓寺)
1口 嘉応2年(1170)
寺の裏山、通称「山の神」につくられた経塚(山の神1号経塚)から、懸仏とともに出土したもので、銅板製青銅台付、高さ34.5p、火焔宝珠型の鈕を備えている。
嘉応2年(1170)の作製年と、鋳師伴成包との銘、及び願主従五位下大江朝臣忠氏の名がある。
現在は京都国立博物館に保管展示されている。
銅経筒 円頓寺案内板

トップ認定旅館民宿遊び体験自然野菜特産品紙芝居
店舗
最新情報|熊野を歩く|問い合わせ