21
河梨の十二灯(こうなしのじゅうにとう)
久美浜の良さをみんなで活用しよう!


野遺産
久美浜町の文化財を熊野遺産として久美浜百珍としました!




ホーム
住所:久美浜町河梨
この行事は河梨の共同体が行う火祭りで、毎年8月23日の夕方に行われる。
この行事には各家庭から1人づつ男子が出て作業にあたる。子供達も作業に加わるが服喪中の者は参加できない。

行事は毎年午後4時頃、参加者があらかじめ用意した松明(たいまつ)用のコエマツ(松根)等を持ち、村外れの万灯山頂上の広場に集合し、お灯明と十二灯の制作から始められる。
お灯明は松明を直径30p、長さ1.2m程に割り竹で束ね、高さ約7mの竹竿先端に付ける。
十二灯はまず長さ8.5m程の檜の心柱に青竹で三角形のワクを取り付ける。次にこの心柱とワクに6本の横桟を組み、松明用の青竹を端に斜め上に向けて取り付け、その先端に松明を取り付ける。松明はあらかじめ掘り出したコエマツを直径20cm、長さ50pにまとめたもので心柱のものを加えて13束作る。
これらの作業と並行して村役の者は久美浜一区内の愛宕さんにお参りし神前の火をもらって帰る。この聖火で焚き火をし、まずお灯明を点火し立てる。
続いて準備の整った13本の松明に区長の合図で一斉に点火する。松明は十二灯のそれぞれの位置に取り付けられる。最後に大勢の協力で十二灯を立て、愛宕さんの方向に固定される。
集落に残った村人たちはこの状況をみて無事燃え上がった事を喜び合う。
十二灯はしばらく燃え続けるが人々は次の行事に備え、火の番だけを残して下山する。
下山する場合は昨年の行事に使った古竹で作った松明を山頂で点火しめいめい竹に刺して下山する。下山すると人々は集落の下の河梨川をはさんで集合し、松明を振り回す。
この松明行事はもともと子供達の行うもので、松明も自分の手で作ったといわれている。この松明には長いひもがつけられ、大きく振り回せるように出来ている。大人たちも交じってヒューヒューと音をたて、闇の中に火の輪を描く光景はなかなか美しい。
この行事の起源等は不明でるが、集落では虫除けと豊作を祈る行事と伝えられている。
愛宕さんから種火を受け、その方向に向けて十二灯を立てることからこの行事は明らかに愛宕信仰の献火行事と考えられる。また万灯山という名を残すように、盆の火祭りの要素もうかがえる。
同様の行事は近隣の神谷、河内でも行われていたとわれるが現在は見られない。
いずれにしても十二灯は盆の民俗と愛宕信仰が習合した貴重な事例といえよう。

十二灯を製作する 点灯された十二灯 松明をふりまわす様子
22
布袋野三番叟(ほたいのさんばんそう)
久美浜の良さをみんなで活用しよう!


野遺産
久美浜町の文化財を熊野遺産として久美浜百珍としました!




ホームへ
住所:久美浜町布袋野
無形民俗文化財
ほたいのさんばそう
布袋野の三番叟
(登録)
熊野郡久美浜町字布袋野
保護団体布袋野区

久美浜町を貫流する川上谷川は、最上流の兵庫県境で二つに分かれている。
東部は市野々、西部が布袋野で、笹倉谷に沿って集落が広がっている。布袋野から府道永留豊岡線を走れば約二キロメートルで兵庫県豊岡市である。また、集落南西部にある駒込峠を通れば出石町だが、古来よりこちらが街道で出石とは交流が深かったという。
布袋野の氏神は河上三神社で、毎年四月第二日曜日の祭礼に神社の境内にある舞堂で三番叟が行われている。布袋野では、演者のことを立役、購子方のことを中座と呼んでいるが、中座が位置する舞堂後部の一段高いところも中座と呼んでいる。その構成は次のとおりである。
立役
稲荷 一人。杵を着て、折烏帽子をつける。翁のお供という。
一人。振袖を着て、頭にはかつらをつけてかんざしを挿し、金色の烏帽子状のものをつける。天照大神を表すという。
白色尉 一人。松などの文様の入った直垂に大口袴をはき、剣先烏帽子をつける。伊那那美命を表すという。
黒色尉 一人。衣装は白色尉に同じ。手力男命を表すという。
中座
締太鼓 三人。舞台の向かって右端に位置し、一人は鋲打ちの大太鼓も担当する。
二人。締太鼓の左に位置する。
三味線 三人。鼓の左、舞台中央に位置する。
歌うたい 一人。三味線の左、舞台の左端に位置する。
五人。道中は囃すが、舞台には上がらない。
拍子木 一人。他の囃子方の位置する中座には加わらず、舞台の右端に位置する。

立役、中座とも青年の役で、立役はいずれも粉飾化粧をする。中座の衣装はいずれも着物の着流しで袴はつけない。

祭礼当日、立役の四人は公民館で化粧をし衣装をつける。関係者が集まり定刻となると「布袋野村」と染め抜いた幟を先頭に立役、中座の順に練り込んでいく。神社に到着すると、本殿に参拝した後、一同は舞堂へ移動する。舞堂は三番叟専用のもので、間口四間、奥行三間の広さがあり、舞台後部が中座で、舞台の下手に楽屋が附属した構造になっている。

まずはじめに、稲荷が鈴を持って登場する。両手を広げ、首を左右に振る礼式と呼ばれる所作をしてから舞台右端の拍子木の横に座る。その後、翁、白色尉と黒色尉がそれぞれ登場し、やはり礼式をした後、翁が中央に、向かって右に白色尉、左に黒色尉が座る。最初は翁の舞で、翁が扇を広げ優雅に舞う。

次は、白色尉と黒色尉による喜びの舞である。三月の景色を表し、田を耕し、籾をまき、秋の豊作を祈る舞という。これが終わると、御簾が上がって中座の各役と師匠の紹介がある。それから稲荷が立ち上がり、翁へ二つの鈴をわたすと翁、白色尉、黒色尉三人の問答がある。問答が終わると翁は白色尉と黒色尉に鈴をわたし、稲荷を従えて退場する。

最後は鈴の舞である。白色尉と黒色尉は面をつけ、秋の収穫を喜び、その喜びを体一杯に表して、鈴を振りながら大きな所作で力強く舞う。

丹後には一五を越える三番叟が伝承されているが、布袋野以外はいずれも三人の少年が粉飾化粧をし、一番叟、二番叟、三番叟を務めるもので、能の翁の形式を踏んでいる。久美浜町には甲板や栃谷の三番叟(いずれも昭和61年4月15日付け京都府登録無形民俗文化財)などがあるが、これらと布袋野のものを比較すると、ともに化粧をし、拍子木が入り、専用の舞台で行なうことなどは同じであるが、布袋野には千歳に相当する稲荷という役があること、立役が登場後必ず礼式を行うこと、すべての配役が青年であること、女装する役があるなどの相違点もある。

三番叟は丹後のみならず但馬にも広く分布する。但馬には播州歌舞伎がしばしば巡業しており、兵庫県香住町では播州歌舞伎に習ったと伝えるところもある。布袋野の場合、伝承経路やその時期については不明だが、いずれにしても、地域的特徴をよく示す民俗芸能であり、資料的な価値が高く貴重である。

布袋野三番叟

トップ認定旅館民宿遊び体験自然野菜特産品紙芝居
店舗
最新情報|熊野を歩く|問い合わせ