39
松井与八郎の墓(まついよはちろうのはか)
久美浜の良さをみんなで活用しよう!


野遺産
久美浜町の文化財を熊野遺産として久美浜百珍としました!




ホームへ
住所:久美浜町湊宮(宝泉寺)
松井与八郎の墓(町指定)
1基 天明3年(1783)

松井与八郎の墓は、宝泉寺にある。文禄2年8月15日遂に卆した松井与八郎は、「海の見える場所に」との遺言によって、当寺に葬られた。

天明3年(1783)に、現在の五輪塔が松井家によって建立された。
塔には戒名、霊松寺殿月潮正円禅定門の文字が刻まれている。

松井与八郎は久美浜松倉城主松井佐渡守康之の長男である。与八郎は文禄元年(1592)豊臣秀吉の朝鮮出兵に、父康之と共に参加した。しかし戦場で病に倒れ、帰国後間もなく文禄2年(1593)8月15日に没した。18才であった。

宝泉寺 松井与八郎の墓
40
三嶋田神社環境保全地区(みしまたじんじゃかんきょうほぜんちく)
久美浜の良さをみんなで活用しよう!


野遺産
久美浜町の文化財を熊野遺産として久美浜百珍としました!




ホームへ
住所:久美浜町金谷
三島田神社文化財保全地区
町指定

境内の森は古樹で覆われ、付属の文化財健造遺物が多い。境内の建造物、森等を一括指定し、保護することとなった。境内の鳥居は宝永3年(1706)建立、熊野郡における最も古い鳥居である。

鳥居 本殿




トップ認定旅館民宿遊び体験自然野菜特産品紙芝居
店舗
最新情報|熊野を歩く|問い合わせ