トップ認定旅館民宿遊び体験自然野菜特産品紙芝居
店舗
|最新情報|熊野を歩く問い合わせ

久美浜百珍特産品フェアのご案内
2007.3.7
3月にはいっていよいよ本格的な春の足音が聞こえそうな、そんな日々となってきました。
春といえば、卒業・入進学・就職と人生のスタートの季節でもあります。
そんな春のひと時を家族とともに過すのもいいかもしれません。

久美浜百珍特産品部会では、「特産品フエア」を企画しました。
春のポカポカ陽気にさそわれて、是非おいでください。

●と き:3月24日(土)25日(日)午前10時から午後5時まで
●ところ:丹後ジャージー牧場(京丹後市久美浜町神崎)
●イベント内容
       @ゲームコーナー
         ビンゴゲーム大会=3/25 午後4時から
       A体験コーナー
         ・バターづくり体験=3/25 午前11時 午後3時の2回
         ・子牛とのふれあい体験=随時
         ・もちつき体験=3/24・3/25 午後1時〜
       B味自慢コーナー
         春の百珍認定特産品等を集めてみます。
         味見してください。
       C学習コーナー
         搾乳体験・哺乳体験できます!
         3/24・25 午前11時〜
詳しくはこちらをクリック

久美浜まるかじりまつりは中止となりました
2006.11.13
ことしからアメニティ久美浜公園へ会場を変更して実施予定でしたまるかじりまつり。
前日から突風、悪天候に見舞われ、11月12日(日)開催日当日朝、やむなく中止となりました。参加予定の皆様、楽しみにしておられたお客様。大変残念でしたが、ご理解いただきましてまたのご参加お願いします。

(写真−突風で、柱が折れるテント)
第16回久美浜まるかじりまつりイベント情報 PART2
2006.11.7
「最新特産品試食サービスコーナー」のスケジュールが決まりましたので、お知らせします。
以下のとおりとなりましたので、皆さん!来てくださいね!
11:00〜 極太巻き みなと荘
11:30〜 焼このしろ寿し 綿徳商店
14:00〜 ミルクジャム ミルク工房そら
14:30〜 ジャージープリン ミルク工房そら

となっています。数に限りがありますので、なくなった場合は、ご容赦ください。
かならず、アンケートに答えてくださいね!お願いします。

◎また、バターづくり体験を午前10:00から行います。牛乳からバターができること、またホントのバターの味を知ってみませんか?

いずれも、アメニティ久美浜公園(浜公園東隣の埋立地、久美浜町土居)の商工会および久美浜百珍の会のテントで行います
第16回久美浜まるかじりまつりイベント情報!
2006.11.1
今年も、「久美浜まるかじりまつり」が開催されます。
百珍の会では、従来と同様、「百珍パネル展示」「認定商品等展示即売」「バターづくり体験」を実施する予定です。

今年は、最近発売されたばかりの新製品、試作中の商品などをみなさんに試食していただいて、さらに息の長い商品とするための「試食のできるコメント頂戴コーナー」と設置しようと考えています。
旅館みなと荘さんの極太まき(試作品)

その新商品は、といいますと
1.(有)丹後ジャージー牧場さんの「ジャージープリン
2.(有)丹後ジャージー牧場さんの「ミルクジャム
3.綿徳商店さんの「焼このしろ寿し
4.旅館みなと荘さんの「極太巻き」(仮称)

の4品を予定しています。
楽しみにしていてください。
(詳細が決まりましたらまたお知らせします)
●久美浜まるかじりまつり
開催日時:平成18年11月12日(日)午前9時〜午後3時まで
開催場所:アメニティ久美浜公園(浜公園東隣)
チョット遅くなりましたがKBSテレビ「deちゅう」の出演ご苦労様でした!
2006.9.27
自慢の勢子めしの紹介をする栄元さん
番組でプレゼントされる特産品の紹介
KBS京都テレビから京都地域情報番組「deちゅう」の「京丹後市久美浜編」の番組構成依頼がありました。8月6日(日)に開催される「ドラゴンカヌー選手権大会」の告知と久美浜町の話題や特産品の紹介ということで、特産品部会のメンバーの方々に参加していただきました。
○と き:2006.8.5
○ところ:浜公園
■この日参加されたみなさん
・丹後ジャージー牧場 平林さん
・旅館みなと荘  栄元さん
・お菓子の丸貴 高田さん
・丹後八姫会 小森さん
・綿徳商店 綿井さん
・熊野酒造(有) 柿本さん
久美浜町観光振興会 板垣さん

みなさん、テレビ出演は、あまり慣れていらっしゃらないようで、少し緊張されていましたが、村上祐子アナウンサーの巧みなリードで、うまくPRされていました…

良かったですね…
秋本番!稲刈り、梨狩りが始まりました!
2006.9.1

いよいよ秋本番となりました。
朝夕は、涼しいをとおり越して、寒くも感じるこのごろ…

秋といえば、新米 新米と言えば丹後はコシヒカリですネ。

久美浜は、米も美味しいですが、やはり秋は、「梨」に代表される果物ですね。
久美浜は、京都府内最大のナシ産地、2日、ナシ狩りシーズンを迎え、久美浜町果樹観光協会主催の山開きが開催されました。さっそく地元保育園児らがナシをもぎ取り、秋の実り体感していました。

約100戸の農家がブランドナシ「京たんご梨」などを生産しています。

今年は、春からの低温で今年の生育は少し遅れているそうですが、甘みは十分にあるとか。ナシ狩りは11月初旬ごろまで楽しめます。

(問い合わせ)
久美浜町観光振興会TEL0772(82)1781
へどうぞ。
※今年の料金は以下のとおりです。
詳しくは、お問合せください。
■ブドウ狩 8月下旬〜9月中旬 ●ピオーネ
大人1575円、小人1365円、園児1260円
●ベリーA
大人1050円、小人945円、園児840円
■梨狩 9月上旬〜9月下旬 大人840円、子供735円、園児525円
※フルーツ狩りについては、その年の気候により変わります。時期については事前にお問合せください。

トビウオ(アゴ)すくいに挑戦!
2006.6.15
船長の西中さん
灯りに寄ってきたアゴを…
見事な技ですくいました!
こんな羽をしてますヨ
この日は1時間くらいで20匹程度
5月も半ばを過ぎると、初夏の日本海(山陰沖)で楽しめるとっておきの「トビウオすくい体験」をご紹介します!

トビウオは、ダツ目トビウオ科に属する魚の総称で、日本国内に約30種が知られています。大きな胸ビレを持ち、水面から飛び上がって滑空することが大きな特徴です 。

トビウオを久美浜では一般に「あご」と呼んでいますが、その頭の形からホソトビウオは「丸あご」、ツクシトビウオは「角あご」と呼ばれています。特にホソトビウオは多く獲れます。

トビウオは5〜6月頃南方から日本海に入ってきて、6〜8月ころ沿岸域で産卵します。卵からふ化した稚魚はしばらく日本海で過ごし、秋になると東シナ海まで南下します。そして翌年の初夏再び日本海に産卵に帰ってきます。

トビウオの胸ビレは鳥の翼のようですが、羽ばたいて飛ぶ力はありません。水中で勢いをつけて水上に飛び出し、大きな胸ビレを拡げてグライダーのように滑空します。
また、滑空中に尾ビレで水面を叩いて飛距離を伸ばすこともします。最長で300〜500mほどの距離を滑空できると言われています。
 飛ぶ理由は主にシイラなどの天敵から逃げるためと考えられています。

トビウオは6〜7月には魚屋にも多く並び、刺身や焼き魚で賞味されます。肉は白身で上品な味(少し軟らかい)です。トビウオは鮮魚として食用にされるだけでなく、加工品の原料としても多く利用されています。「あごかまぼこ」はとても美味しいです。


初心者でも簡単にすくえます!
アゴは、船の灯りで近くまで寄ってきます。それを網ですくうのですが、そのときのコツは、突っ込んで来る頭の方から網を海面に入れます。

取り逃がしても大丈夫、ちゃんと船長さんの舵さばきで、うまく追いかけてすくえちゃいます!

この日は夜8時頃出航。少し波があったので、港の近くの比較的静かな場所ですくいました。

一度に2〜3匹すくえるときもあるとか!
とにかく、面白い、感動モノですヨ!


アゴすくい体験の主な内容
体験時間:PM8時〜PM10時30分頃まで
料金:1隻15000円(4〜5人乗れます)
(天候により出航を取りやめる場合があります)
すくえる時期:5月末〜7月中旬頃まで

問合せ先
シーサイド西中・西中 猛
〒629-3424
京都府京丹後市久美浜町旭
0772-83-0184 Fax0772-83-1339

このページのTOPへ↑
「金銅装環頭大刀」の展示について
2006.4.28
昭和56(1981)年に湯舟坂2号墳(京丹後市久美浜町須田)から「黄金の大刀」が出土したことは、巨大古墳が消滅後の丹後の古墳時代のイメージを大きく塗り替えました。

また、日本の数多い古墳時代後期の古墳の中でも、質量ともに優れた湯舟坂2号墳の出土品は、日本の古墳時代後期の文化を代表するものとして、一括して国の重要文化財に指定されています。

 この発見から25年目となる今回の展示では、横穴式石室内から出土した重要文化財247点を通して、25年間で丹後の古墳時代後期についてどこまで分かったのかに迫ります。

◎会期     平成18年4月22日(土)〜5月28日(日)
◎場所     京都府立丹後郷土資料館
◎開館時間  午前9時〜午後4時30分 
◎休館日    月曜日
◎展示解説   5月13日(土)、講座終了後。

このページのTOPへ↑
「函石浜遺跡とその発見者たち」の展示会の開催について
2006.4.27
函石浜遺跡は明治20年代に稲葉東園氏により発見され、久美浜郵便局長の織田幾二郎氏を中心に資料収集が行われました。
今回の展示では、京都大学の協力で函石浜遺跡出土資料の里帰り展示を行い、遺跡の内容について考える展示が行われます。

◎期間  4月19日(水)から6月4日(日) 毎週火曜日は休館
◎場所  丹後古代の里資料館(京丹後市丹後町宮)
◎入館料 大人300円、子供150円

4月30日(日)は、無料開放日とし、下記の講座が実施されます。

◎講座名 「函石浜遺跡について」
◎日時  4月30日(日)13:30〜
◎場所  丹後古代の里資料館

上写真=函石浜内にある史跡塔
下写真=遺跡から発見された王莽の貸銭
詳しくは、京丹後市文化財保護課へお問合せください。(0772-69-0640)

このページのTOPへ↑
ミルク工房「そら」の新製品「ジャージープリン」が発売されました!
2006.4.14
搾りたてのジャージー牛乳100%を使って作ったとろとろの絶品プリンです。

コクのあるジャージー牛のミルクと生クリームを使用した味わい深いプリンです。
保存料・安定剤を一切使用せず、安心して召し上がっていただけます。

ジャージー牛は脂肪分が多く、製品にもコクがでてとても美味しいです。とても滑らかで、とろとろ感があり、プリンのイメージがまた変わります。
後味も、あっさりしています。また、バニラビーンズの香りも魅力的です。

春の行楽シーズンに牧場見学もできて、新しい味を体験してみるのもいいかもしれませんネ。

丹後ジャージープリン ¥280円

また、4時間から5時間かけて煮詰められたミルクジャムも、発売しています。
ミルクの風味がとてもしていて、ミルクキャラメルジャムといった感じでしょうか…
手間がかかるので、なかなか量産できないのですぐに売切れてしまいます。
売り切れの際は、ご容赦ください。

ミルクジャム ¥480円
【お問合せ先】
丹後ジャージー牧場ミルク工房そら
0772-83-1617 
〒629-3441 京丹後市久美浜町神崎411
営業時間:午前10時〜午後5時まで
定休日:毎週木曜日

このページのTOPへ↑
春の味わい「いさざ料理」はいかがでしょう?
2006.4.3
春の季節を感じさせるのは、「桜・さくら」だけではありません。
丹後で唯一、久美浜では「いさざ」が久美浜湾を遡上します。
これを「三杯酢」に卵の黄身を溶き合せ、「踊り食い」にします。
いさざ(しろうお)
しろうお(白魚)を丹後では「いさざ」と呼ぶが、成長しても5センチほどのハゼ科の魚。春に、海から川に産卵のため上がってくる。ほっそりとした体は、透明で、赤い斑点が美しい。旬の頃の「いさざの踊り食い」が有名。家庭では、「いさざご飯」を楽しむ。

・「いさざ料理」を楽しむには…
【お問合せ先】
  料理旅館 古谷屋
   0772-82-0005へどうぞ
年々漁獲量が、減っている中、しかも3月から4月下旬と限定され、貴重な魚であり、広く皆様に知っていただきたい。
丹後地方において、久美浜独自の春の風物詩であり、早春を感じさせるものです。

このページのTOPへ↑